家庭用の安いプロジェクターWiMiUS S25を買った

紹介

1万円以下のプロジェクターを買ってみました。
2ヵ月半ほど使用したのでレビューしてみたいと思います。

お値段は当時は¥11,999の\3,000クーポン適用で¥8,999でした。
いまはなんだか値上がりしてますね。

Amazon.co.jp: プロジェクター WiMiUS 2.4/5.0GWiFi 双方向 Bluetooth5.0 8500ルーメン 画面ミラーリング 4K対応 解像度リアル1980*1080P ±50° 4Pデータ台形補正 低遅延 ズーム機能 ホームシアー WiFi/Bluetooth/USB/HDMI/AV対応SWITCH/パソコン/IOS/Android/DVDなど接続可能 日本語取扱書/専用バッグ付き オフホワイト : 家電&カメラ
オンライン通販のAmazon公式サイトなら、プロジェクター WiMiUS 2.4/5.0GWiFi 双方向 Bluetooth5.0 8500ルーメン 画面ミラーリング 4K対応 解像度リアル1980*1080P ±50° 4Pデータ台形補正 低遅延 ズーム機能 ホームシアー WiFi/Bluetooth/USB/HD...

最初に書いておきます。

めっちゃオススメです。
個人的にはでっかい4Kテレビ買うより1万円のプロジェクター買った方がいいと思います。
ただこの価格帯だとビジネス用途には向きませんのでご注意あれ。

購入動機

先日、友人所有のプロジェクターでスマブラとマリカとボンバーマンをやってめちゃめちゃ楽しかったので欲しくなってしまいました。

そのあと友人女性からも推しアイドル(ジャニーズ)のライブ映像を見るために買ったという話を聞き、その2名に相談に乗ってもらいつつ購入を決意。

1万円以下なら失敗しても話のネタにもなるしいいかと。

想定

設置は壁に面した棚の上、投影面は向かいの壁。位置は固定で移動はしない。

投影面の下に背の低い桐箪笥を置き、その上にスピーカーを設置。プロジェクター本体からBluetooth接続してスピーカーから音声出力。
スピーカーは手持ちのモバイルBluetoothスピーカー。正直大した音質ではないけど、いままでほとんど出番がなかったスピーカーなので、有効活用。

本体を置いた棚にSwitch、PS4を、棚の横のデスクにPCをそれぞれ配置。
Switch/PS4/PCはいずれももともと所有しているHDMIセレクタに接続し、セレクタを使って出力先をPCディスプレイorプロジェクターで適宜切り替え。

PCについては基本はディスプレイを使用し、AmazonPrimeビデオやU-nextなどでのアニメ・映画鑑賞時のみプロジェクターを使用。

本製品を選んだ理由

必須だったのは以下の3要素。

実解像度1280×720
ズーム機能
Bluetooth5.0

1万円以下の価格帯でこれらすべてが搭載されているのは本製品だけではありませんが、ケースもついてきてデザインも他とは違うというのが決め手でした。

解像度

本製品に限らず、フルHD対応とか書いてあるのは入力側の話だそうです。

出力側の解像度は、実解像度とかリアル○○とか書いてあるほうを見てください。
それすら書いてない製品はスルーでいいかと。

ズーム機能

拡大縮小機能です。これがないとちょうどいいサイズで投影することが難しくなると思い、必須条件に。

搭載されていない場合、投影画面サイズはプロジェクター本体から投影面までの距離にのみ依存します。
搭載されていれば、ある程度の調整が可能。

設置場所と投影面を固定する想定の私の場合、この機能は必須としました。

Bluetooth

こちらもBluetooth接続してスピーカーから音声出力を想定したため必須

有線接続でもいいけれど、本体からスピーカーまで部屋の真ん中を突っ切って配線するのはダサいと思い無線接続に。カーペットとか引いてその下を這わせる案も無しではないけど出費は抑える方向で。

ケース

別になきゃないでいいけど、もらえるもんはもらっとけ精神。
ケースではなくスクリーンが付いてくるというのもありましたが、結局はただの白い布だとか…。

友人は壁に直接投影して使っており特に問題ないとのことだったので、一旦スクリーンなしで試写してみてダメだったらちゃんとしたものを購入検討しようと思い、スクリーン付きのモノはスルーすることにしました。

デザイン

PCもPS4もSwitchもディスプレイもテレビもスピーカーも黒なので、せっかくだしプロジェクターもと思って初めは黒優先で探していました。
が、機能的に満足いくものが見つからなかったので断念。

気にしなかった点

逆に気にしなかったのは光束(lm)とコントラスト比。

どうせこの価格帯の中華製品はでたらめな値しか記載していないようなので、それならばと一切気にしませんでした。

本体について

以下、レンズがある面を手前、電源ボタンがある面を上として、本体を設置したレンズ側から見た場合の話。

給電は左側面接続端子は右側面にまとめられています。

モノで遮るのが憚られる吸排気口ですが、背面右側の穴と左側面から下側にかけて入ったスリットで吸気右側面手前側に入ったスリットで排気しているようです。
右側面は接続端子があるため、WiFi接続メインの方以外はいずれにせよモノで塞ぐことはないかと思いますが、左側面下部の吸気口は塞いでしまいがちかも知れません。
エアフローが悪く熱暴走して強制終了、ならまだいいほうで、最悪の場合は故障も招きかねないのでお気を付けて。

Amazon商品ページの画像を加工

吸気口付近に凍らせた保冷剤置いといたら冷却効率上がるかな、などと妄想。
冬は平気だろうけど、夏場はやってもいいかも知れないと思いつつ、内部で結露→故障のルートは避けたい。もしもやるなら自己責任でお願いします。

使用感

まずはスクリーンなしで壁に投影してみました。

部屋の間取り的に超大画面というわけにはいかず、80インチ程度で試写。必須にしていたズーム機能のおかげでちょうどいいサイズに調整できて助かりました。

明るさ

夜間。照明をつけている状態ではまともに使えません。
昼間も同様。カーテンを開けていたり照明をつけていると暗くてとても見えません。

となると当然使えるのは、カーテンや雨戸を閉め切り、照明を消した状態のみとなります。
我が家のカーテンは遮光性が高いため、昼間でもなんとか見えました。雨戸を閉めれば完璧。

ピント

ピントが綺麗に合うのは中央部のみで、四隅はぼやけて見えます。

参考画像

大人気国産RPGシリーズ最新作のワンシーン。
1枚目がPS4自体の機能でスクリーンショットを撮ったもの、2枚目がプロジェクター投影したのをカメラで撮影したもの。

Content image
あえてデカい画像を
Content image
載せています

画面端はピントが合っておらずぼやけていることがおわかりになるかと。
わかんなかったらごめんなさい。

正直本作は10年以上前から続くシリーズもので、戦闘や装備品などのシステムはほぼ理解し尽しているため、装備画面などが多少ぼやけて見えにくかろうがほぼ問題なしでした。
が、初めてプレイするゲームだとわかりにくくてよくないかも知れないと思い直しているところです。

画質

色味の再現などについてはあまり気にしないタチなのでなんとも…。


総合して、スクリーンなしで十分という結論。
そもそも画質やボヤケを気にするのであれば、もっと予算を用意して5万円以上の製品を購入しています。

Bluetooth

無事につながりました。

しばらくは数年前のチャチなBluetoothスピーカーで我慢して、そのうち程よい価格のオーディオか、今使ってる本命スピーカーに接続するBluetoothレシーバーを購入予定。
本体付属のスピーカーは、期待していなかった割にはちゃんと音は鳴ります。とはいえ別途スピーカーの用意を推奨。最悪ヘッドホンという手も。

たまに接続に時間がかかることもありますが、スピーカーの問題なのかプロジェクターの問題なのか切り分けできておらず。
しばらくしたら繋がるし、いまのところ特に問題視しておりません。

ファンの回転音

そこそこ大きいですが、個人的にはあまり気になりません。
リングフィットアドベンチャーやRPG・アクションゲーム、映画・アニメの鑑賞などをメインにする予定なので、今後気になることもあまりないと思います。

逆に、コンサート映像や雰囲気を味わうゲームなどを楽しむ予定の方はご注意あれ

まとめ

上にも書いてきましたが、気になる点はいくつかあります。
とはいえ、価格を考えれば大満足です。

仕事で細かい文字を見るような使い方には向いていないと思いますが、プライベートで映像やそれに伴う雰囲気を楽しむような使い方なら十分だと考えています。

光束、コントラスト比、実解像度フルHDなどが必要な方は、もっとお金を用意して有名メーカーの製品を買いましょう。
この価格帯にそれらを期待するのが間違いです。

個人的にはHDMI端子が2つあればなおよかったなと思います。
実際そういう製品もあったのですが、他の機能が満足いかず…。
幸いにもHDMIセレクタを所有していたので事なきを得ました。

1万円切ってこれなら十分です。
アニメ鑑賞、ゲームプレイがはかどってしまいますね。大変だ。

コロナ禍においてそこそこ需要のありそうな製品群だけに、間違いない製品選びをして欲しいなと思います。

余談

ちなみに本製品、Amazonでレビューすると1,000円分のギフトカードかスクリーンがもらえまして。

レビュー書いたからアマギフくれメールをしてみたところ、以下のような返信がきました。

・住所教えて
・いま☆4だけど☆5にしない?そしたらスクリーンもあげちゃう

返信はこう↓

・本製品は☆4で妥当、スクリーンも別にいらんから☆5にはしない
・アマギフ送るのに住所いらないはずだから教えない
・アマギフはよくれ

そしたらアマギフコードちゃんともらえました。

そんな感じで本製品に限らずAmazonレビューは操作されておりますのでお気を付けて。
ということで本投稿ほぼまんまなレビューが☆4でついているはず。ヒマな人は探してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました