粉瘤の手術をする(人生2度目)

今日はBCG関係ないお話。
最初に書いておきますが、画像検索はオススメしないです。


粉瘤というものをご存知でしょうか。

ざっくりいうと、皮膚の下に裏返った皮膚が袋状にできて、代謝で発生する角質や皮脂が袋の中にたまってできる腫瘍です。
脂肪の塊などと診断されることも多いそうですが、まったく別モノ。

詳しいことはググってください。

粉瘤は体質によって、まったくできない人から何度も何度もできる人まで様々だそう。
そしてどうやら私は後者寄りのようです。

今回は人生1つ目の粉瘤の話と、2つ目の粉瘤を手術で除去することにした話。

1つ目の粉瘤

実は以前にも粉瘤ができて、手術で摘出した経験があります。

箇所は左尻(いわゆる臀部、ケツ)の頂点付近。椅子に腰かけたとき、座面にギリギリ触れないあたり。

発見

気付いた時にはしこりがありました。
最初は「なんだこいつ」と思いつつも痛みはなかったため、特に気に留めていませんでした。ただ確か痒みはあったような気がします。

ヤバいと気付いたのは2012年9月。
職場の先輩に誘われてカート(SFCくらいの頃のマリオカートを想像してください)をやったとき、1人で盛大にクラッシュして尻を強打したことがあります。

それがきっかけとなったかどうかは定かではありませんが、しこり周辺に激痛が走るようになりました。

最初の炎症

座面に接していない箇所にも関わらず「これはヤバい、座ってられん」という程の痛みで、お休みをもらって皮膚科へ行くと「粉瘤が炎症を起こしている」という診断。

すでに炎症を起こしているからやれることは少ないとのことで、ちょっと切開して袋の中の膿を排出しておしまい。
この膿がとんでもなく臭い。魚が腐ったような臭いで、割と真面目に吐き気がしました。

確か何度か通い経過観察し、「炎症が治まって傷口も綺麗になったら袋ごと取ってしまいましょう」という話を聞いておしまい。

2度目の炎症

それから見事に放置してしまい、2014年3月。きっかけは覚えてないけどまたも炎症を起こす
今度は炎症起こしてても処置してくれるというちょっと(だいぶ)遠くの病院へ。

でも結局排膿しかやってもらってない気がする。だって治ってないし。

3度目の炎症&切除

またも見事に放置してしまい、2016年11月。
サイズも順調に成長し、自分で触って確認できる最大径で5cmくらいはあったと思います。

そして案の定炎症。こちらもきっかけは覚えてません。

炎症起こしてまた別な(たぶん最初に行った近場の)病院行って「炎症起こしてるんでやれることないですね、排膿だけしますけど」ってなって、激痛が数日続くので炎症を起こしていても袋ごと取れるような処置方法があるとGoogle先生に教わり、その処置をしてくれる病院をGoogle先生に訊ねて来院、初診でそのまま局所麻酔→膿を全部排出→袋ごと摘出という流れだったはず。

この時に初めて局所麻酔が効きにくい体質であることを知りました
単に炎症起こしてる付近だから効きにくかったのかも知れないけど、通常の量だと普通に痛かったので申告して、倍くらいの麻酔を打たれたと記憶しています。

術中、執刀医が「くっせぇ!うわーくせぇ!すごいなこれ!」と連呼
そんな、そんな言わなくても…。

摘出した袋を見せてもらうのは完全に忘れていました。
私の人生における最大の後悔の1つです。

術後、精算して帰ろうとしたところ、めちゃめちゃ気分が悪くなったので小一時間ほどベッドを借りて休ませてもらいました。
麻酔大量投与の影響なんだと思ってます。効きにくいくせに大量投与したらしたで気分悪くなる最悪の身体。
本当に気分が悪かったです。立ってられなかったし車運転して帰るのは絶対無理でした。

そういえば自宅の風呂場で自分で膿を排出してた記憶があります。
たぶん炎症から手術までの間のこと。もしくは2度目の炎症のとき。
風呂場でめっちゃ臭くて吐きそうになってたのを覚えてます。
当時ブログやってなかった時期なのが悔やまれる。

炎症起こしたらめちゃめちゃ痛いし、手術したらしたで当然皮膚切って縫ってるからめちゃめちゃ痛いし、尻が痛いからと仕事を休んで病院へ行き、尻が痛いと喚き続ける機械になってたし、事情を知らない職場の人からは痔だと思われてたと思います。最悪。

保険適用で給付金ゲット

手術から3年半ほど経過して、保険内容見直しをお願いしたときに手術を受けたのを思い出して言ってみたら5万円もらえました。やったぜ。
ただし診断書が手元になかったので、診察券掘り起こして電話して、普通は再発行しないけど特別にということで再発行いただきました。ありがとうございました。

術名は皮下腫瘍摘出術皮膚切開術だと給付金出ないそう
粉瘤を袋ごと取ってしまうのは前者、排膿するだけだと後者。
もちろん入っている保険内容次第なので、ちゃんと確認してください。

まぁこの5万円でようやくいままで払ってきた保険料総額の半分くらいなんですけど。

2つ目と3つ目の粉瘤

気付いたのは今年(2020年)の春か夏くらい。

箇所は、片方は1つ目と同じく左臀部。再発したのかなんなのか…。現時点で最大径1.5cm程度。
もう片方は背中、肩甲骨の間の背骨のちょっと右。こちらもサイズは最大径1cm程度。

いずれも炎症の兆候はないが、炎症が起きてからでは遅いしちょうどいま保険解約を考えていたりなので、とっとと手術して取ってしま(い、手術給付金もらって保険解約してしま)うことに

ということで「地域名+粉瘤」で出てきた皮膚科に行ってみました。
美人女医に尻を見せつけたりしたところ、「前の手術の跡とまったく同じ位置ではなくて再発ともなんともわからないので、もっと大きい病院でちゃんと検査してもらってください」と言われ紹介状を渡されました。おいおい二度手間じゃねーかよ。

紹介されたでっかい病院の形成外科に行くと。
触診して「再発ですね、ちょうどキャンセルで手術の枠空いたので来週取っちゃいましょう、一応今週もう1回来てちゃんと検査しましょうね、あと手術の翌日も抜糸のために来てください、2箇所同時には時間的にできないし背中とお尻が痛いとなんにもできないし、背中のはまた今度にしましょう」と、とんとん拍子に決まっていきました。マジか。

そして今日はエコー検査でした。
再発ですねーとのこと。割とすぐ終わったけど結局仕事は1日休んで部屋でゴロゴロしていた。最高。

ということで、来週手術です。
箇所が箇所だけにセンシティブになってしまうため写真はなし。そもそも尻と背中だから自分じゃうまく撮れない。

これであと2回手術給付金がもらえるはず。
払ってきた保険料総額が1.5倍になって返ってきます。やったぜ!

30年生きてきて3か所。10年で1つと考えると、このまま医療保険入り続けていてもいいのかも知れない。
あと2つ取り終わってからまた考えよう。


全然BCG関係ない私の尻のお話でした。ばいちゃ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました