Dappsコミュニティを考えようとした

Dappsコミュニティを考える 雑記

Gaudiyというサービス?プロジェクト?に5月半ばから参加しています。
ALISにも公式アカウントありますし、Twitterにもあります。

gaudiy | ALIS
gaudiy's page.

Gaudiyとはなんぞや?

要はALISの掲示板・チャット版。
中の人や詳しい方に言わせれば違うかも知れませんが、素人の私はそういう認識。

いいねをつけたりつけられたり発言をしたり企画を立てたりするとトークンがもらえて、そのトークンをグッズや暗号通貨やなんかと交換することができる。
そんなサービス、プロジェクトです。

ちなみに私はこれまでに、今だとだいたい7000円分のいろいろをトークンと交換しています。
やってることは掲示板・チャットに書き込んだりいいねつけたりしてただけです。よく考えたらすごいですね。

私が触り始めた当初はもうホンッットどうしようもなく遅くて、開くのすら嫌だったレベルなんですが、いまはもう随分と改善されて、日々Twitter→Discord→Gaudiy→Twitter…と延々ループしています。

そんなGaudiyの中の人が、こんな企画↓を考えたようなので、いっちょ私も役に立ってみせるか!と筆をとってみました。

「ハッシュタグ企画:#Dappsコミュニティを考える」 | ALIS

筆をとってはみたが

ハッキリ言ってよくわからん。
私は暗号通貨にもDappsにもコミュニティにも、別段詳しいわけではない。

コミュニティがどうの、人と人の関わり方がどうの、トークンエコノミーで世界が変わるとか、ぶっちゃけよくわかりません。

私がいままでGaudiyでやってきたことといえば、雑談を書き込んで、いいねをつけて、雑談を書き込んで、企画を立てて、書いたブログ記事を宣伝して、雑談を書き込んで…それだけです。

別に高い意識を持って取り組んでいないし、DiscordやTwitterと比べてリアクションがいい気がするし、いいねがつくと嬉しいし、それでETHがもらえたりクリスペの限定カードがもらえたりするから、めっちゃやり得じゃん!と続いているだけ。

事実、特に興味のないコンテンツのコミュニティには、参加はしたけど発言もしてないしいいねもつけてませんw

難しいことを考えるのは得意じゃない

よく考えたら私、難しいこと考えるのは得意じゃないんです。

否。

興味のないことについて深く考えるのは好きじゃないんです。

なのでもうここらで筆を置きます。ごめんなさい。

一応、参考にしようと思って他の方の記事も一通り目を通したんです。
難しかったです。ごめんなさい。


おそらく、というかほぼ間違いなくYuyaさんの求める意見ではないでしょうが、「ガンバってる中の人たちを余所目に、ユーザーの一部の考えはこんなもんだよ」ということでどうか1つ…。

Gaudiyコミュニティ、クリスペコミュニティ、TokenPocketコミュニティに加え、コンサヴァコミュニティもできてこれからもGaudiy自体は継続して利用していくと思いますが、難しいことは詳しいみなさんにおまかせします…。

逆に言えば、「こんなユーザーさえも受け入れて、それでも成り立つようなシステムじゃないとダメ」ということですよね。
めちゃめちゃ大変ですね。応援していますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました