ついにクリスペにのばぶりのカードが登場するので7/9アプデ追加カードのレビュー

CryptoSpells-LogoCryptoSpells

おはこんばんちわ。レトルトカレーうどんおいしい。んぺーです。

ついにクリスペにのばぶりのカードが登場します。してしまいます。

7/9追加カードレビュー

というわけで、7/9に追加されるカードのレビューをします。

《セルトの竜騎士》

 4/2/1 召喚時:任意のユニットに3ダメージ

強くなった《竜騎士バロン》かと思いきや、3ダメージは任意(ランダムとは書いてない)なので《竜騎士バロン》よりかなり使い勝手いいです。
要は「前衛を無視できる《煌めく一角獣》と1/2/1を1枚で出せるカード」

もしくは「ダメージが大きくなって中立になった代わりに、本体に撃てずユニットが弱体化してコストが増えた《雪国の侵略者》」。そう見ると弱いな…。赤のお家芸を多色でもやろうとするのだから当然といえば当然か。

はたまた「本体に撃てない《ライトニングボトル》と2/2/1を1枚で出せるカード」
《ライトニングボトル》が強すぎるので比較にならない気がする。

何にせよ、単体で見るとかなり使い勝手いいと私は思います。
が、4コスは他に入れたいカードがたくさんあるので…採用するかどうかはデッキ次第ですかね…。


7/6追記①

《セルトの竜騎士》の能力を勘違いしていました。

自分の手札の《死を告げる怪鳥》を召喚して、次に《セルトの竜騎士》を召喚して召喚時効果を《死を告げる怪鳥》に撃てば、ランダムで1体破壊することもできますね。相手の場にL1体とかだったら最高ですね。

追記終わり

《死を告げる怪鳥》

4/2/2 死亡時:ランダムな相手ユニット1体を破壊する

相手ユニットをランダムで除去できるカード。
強いぞ。相手のレジェンドカードも一発でオダブツだぜ!やったぜ!

といいたいところですが、速攻ではないので相手ターンに回って、相手に都合のいいタイミングで破壊されて、死亡時効果を中途半端に炸裂させられてしまう未来が見えます。

逆に言うと、《破魔の弓使い》や《リリス》などのように、相手のプレイを制限・誘導・強制することの出来るカードというわけですね。
プレイヤーの腕の見せ所です。


《強欲な悪魔》

6/8/4

出た。6コスバニラ。驚異の攻撃力8。っょぃ。そして情けない体力4。
体力低いせいでせっかくの攻撃8を活かしきれず落ちてく様子が目に浮かびますね。

というかそんなことはどうでもよくて。

ついにのばぶりカードがクリスペに登場するんですよ!すごい!!

元ネタ紹介

元ネタはこんな感じ。
のばぶりはLP40で1/3/3がステータスの基準なのですが、それにしたって攻撃力偏重です。のばぶりでもこいつに殴られて平気な顔してるユニットはそう多くありません。が、バニラらしく、そんなに出番はありません。

《複眼の悪霊》

7/2/4 連撃 召喚時:カードを2枚引く

出ました2種類目の連撃持ち。しかもドロー効果付き。2ドローはデカい。
が、ステータスが低い!!7コス払って2/4て!!いや効果はすごいんですけどね!!

白で《騎士の誇り》とできれば《太陽の加護》を組み合わせれば、強い。いやそれ別に《複眼の悪霊》じゃなくても強いんですけどね。
あとたぶん白だとバリバリに警戒されて、場に出した時点で潰されます

というかそんなことはどうでもよくて。

のばぶりカードがクリスペに登場するんですよ!しかも2枚目!すごい!!

元ネタ紹介

元ネタはこんな感じ。
のばぶりはLP40で1/3/3がステータスの基準なのですが、それにしたって攻撃力偏重です。のばぶりでもこいつに殴られて平気な顔してるユニットはそう多くありません。

が、効果が特殊。「召喚時:最も攻撃力の低い自軍ユニットを破壊する」。つまり召喚するのに生贄が必要というわけですね。これは辛いですね。

でも大丈夫!
《Eye Fiend》が属するDivine(黄色)には、0/1/1のその名も《Victim》(犠牲者、生贄)というユニットを生むカードが複数あります。それらとのコンボなら低リスクで召喚できるわけですね。 
もしくは、多色にはなりますが相手ユニットを盗むカードもあるので、そちらとのコンボも強力。

とはいえやはり使いにくいせいか、採用率は低めです。


7/6追記②

言われて気が付いたんですが、今回の4枚は白強化のための4枚のようです。

いずれも白に足りない除去能力や火力ですね。気付くと嬉しいです。チケット溜めておかないと!

以上、ついにのばぶりのカードがクリスペに登場ということで、慣れないレビューなんぞをしてみました。

のばぶり出身のカードはなんとか使いこなしたいところですが…この2枚は難しそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました