無料noteマガジン「みんなの精通」が本になった

みんなの精通書影 紹介

みなさんは精通しているだろうか?

もう読んで字の如く、初めての射精を済ませたか、という質問なのですが。
なんとなくだけど女性や未成年の読者は少ない気がするので、おそらくこれを読んでいる人の大半が精通していると思う。

もう精通がどうこうとか全然動じない人が読んでいる前提で話を進めます。

苦手な方はブラウザの戻るをどうぞ。

他人の精通体験をまとめた『みんなの精通』が書籍化

1,000人以上の精通体験をまとめた無料noteマガジン「みんなの精通」というコンテンツが激アツである、という話を以前にしたことがある。

詳細こちら↓

このnoteマガジンが、先日ついに書籍化した。

みんなの精通書影
書影
みんなの精通 [ ナ月 ]
価格:1485円(税込、送料無料) (2019/10/6時点)
みんなの精通【電子書籍】[ ナ月 ]
価格:1342円 (2019/10/6時点)

編者のナ月氏による報告やらはこちら↓

『みんなの精通』書籍化します【イベントのお知らせもあるよ】|ナ月|note
 ウォーーーーー!! 『みんなの精通』書籍化します!!!!  最初期から本にしたい本にしたいと言い続けてきたが、ついにこの時が来た。夢がひとつ叶う。いきなり基本情報をドン!!!! 『みんなの精通』 編:ナ月/絵:阿部洋一 定価:本体1350円(+税) 発行:イースト・プレス 2019年9月15日発売 ...

ナ月氏も大喜びだ。私も自分のことのように嬉しい。
なぜなら何を隠そうナ月氏は10年来の友人だからだ。

内容

すでに発売日を迎え、当然私も購入し読了している。

内容としては、noteにも掲載されているエピソードから選び抜かれた珠玉の145エピソードが収録されている。

各エピソードは以下の3カテゴリに大別され、各カテゴリごとに50エピソードほどを読むことができる。

突然の精通
好奇心と試行錯誤の精通
恋と友情と欲望の精通

いずれも非常に濃いエピソードばかり。
個人的には帯にも書いてあるシャンプーボトルでの精通が好みだ。

中身はナ月氏が自身のnoteでチラ見せしているので、気になる方は見てみよう。

みんなの精通書籍版中身チラ見せ!ついでに情報まとめ|ナ月|note
書籍版みんなの精通発売目前!! イェーーー!! 『みんなの精通』 編:ナ月/絵:阿部洋一 定価:本体1350円(+税) 発行:イースト・プレス 2019年9月15日発売 Amazon予約ページはここだ!! みんなの精通www.amazon.co.jp 1,458円(2019年08月24日 13:36...

そして勢い余って買ってみよう。

挿絵・阿部洋一

挿絵は阿部洋一先生が担当されている。あの阿部洋一先生である。

昨年単行本化した話題作『それはただの先輩のチンコ』で、非エロチンコ漫画の第一人者となった阿部洋一先生である!!(個人の感想です

編者のナ月氏も阿部洋一先生の作品が大好きで非常に喜んでいる。

私も阿部洋一先生の作品群は大好きで、単行本化した作品はだいたい持っているので本当に嬉しい。たぶん阿部洋一先生が挿絵担当になって、ナ月氏の次に喜んだのは私だろう。

阿部洋一作品群の一部

阿部洋一先生の作品の魅力は、なんといってもその独特のタッチと、唯一無二の世界観だろう。
かわいらしくもあるが同時にグロテスクさも内包したタッチで、わけのわからん設定を平然とぶち込んだ世界を描いていく。1度ハマれば抜け出せないこと請け合い。是非読んで欲しい。

個人的には巨大女子高生とか眼帯警官といったキャラクターがスターシステム的に登場するあたりも手塚治虫作品群っぽくて好き。

noteとの違い

「無料noteで全部読めるならnoteでよくね?」

ごもっともである。
ということでnote版と書籍版の違いを紹介しよう。

というか全部ナ月氏の紹介記事に書いてあるので引用。

阿部洋一先生のイラストがある

Q:そもそもnote版と何が違うの?
A:めちゃめちゃ厳選されてる上に、本という媒体に合わせて超読みやすく整えられているよ。掲載順もジャンルもかなり見直されてるよ。あと何より阿部洋一先生のイラストが添えられているよ。

厳選されたエピソードに、中途半端なものは1つもなかった。

加えて、阿部洋一先生の挿絵はいずれも素晴らしいものばかりだった
今回はグロテスク描写は当然なく、ひたすらかわいいショタたちの精通の瞬間が切り取られている。かわいい。
表紙にはあるが挿絵としては載っていないイラストもいくつかある。エピソードが選別される中で不採用となってしまったのだろうか。

ナ月氏のコメントがない

Q:note版のナ月のコメントは載るの?
A:載らないよ! note版の俺のコメントはそもそも投稿者さんや読者さんとのコミュニケーションのようなつもりで書いていたのだけど、公共の場であるインターネットと違って読書というのは孤独な行為だし、各エピソードと1対1で向き合って欲しいという理由が一つ。あと本の形になった場合エピソード間には何も無い方がスッキリしてサクサク一気に読みやすいという理由が一つ。あと何より1エピソードでも多く入れるため尺の都合というのも理由の一つだよ!
あくまでも主役は精通エピソードだしな!!

内容としての1番の違いは、編者であるナ月氏の一言コメントがない点

個人的にはこれは残念な点である。ナ月氏のコメントあってこそ「みんなの精通」というコンテンツがここまで大きくなったと感じているからだ。

とはいえ理由も納得のいくもの。致し方ない。
しかしすでに書籍版を読んだ方にも、是非note版を読んでみて頂きたい。ナ月氏のセンスあふれるコメントが刺さることだろう。

さぁ他人の精通体験を疑似体験しよう

150人近い男性の精通体験を疑似体験。
そんなこと、普通に生きていたらありえない。

そのありえないことを実現できてしまう、書籍版『みんなの精通』をよろしくお願いします。

あと、note版「みんなの精通」への投稿もよろしくお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました